E.g., 01/17/2021
E.g., 01/17/2021

コロナ禍における寄付活動について

14 December, 2020

コロナウイルスの感染拡大が人々の健康に加え、経済・社会全体にも重大な影響を及ぼしていることを受け、ビオメリューは、ビオメリューが拠点を置く国々に向けた支援として、2019年の配当の50%である2,200万ユーロを用いて慈善活動を行うことを決定しました。   この中で、日本国内においては、日本初のフードバンクである認定NPO法人 セカンドハーベスト・ジャパン様に寄付をいたしました。 同団体は、賞味期限前であるにも関わらず、様々な理由で販売することのできない余剰食品などを集め、児童養護・母子支援・障害者支援等の福祉施設や生活困窮者などに再配布の活動を行っています。また、「すべての人に十分な食べ物」を提供することができるフードセーフティネットの構築を目標とした「Tokyo 2020: 10万人プロジェクト」も推進しています。   各国の寄付対象と詳しくはビオメリュー社のウェブサイトよりご覧いただけます。 https://www.biomerieux.com/en/covid-19-exceptional-donations

Pioneering Diagnostics