遺伝子検査

遺伝子検査は細菌、ウイルス、タンパク質、細胞に特異的なDNAやRNAの遺伝子配列を検出することに基づいています。分子診断には3つの大きなステップがあります。

  • サンプルからの核酸抽出(遺伝物質)
  • 遺伝子配列数の増幅
  • 増幅後の遺伝子配列の複製物の検出

 

また、遺伝子検査はサンプルを用いて、数時間以内に結果が得られます。

  • 病原体(細菌、ウイルス、酵母)の検出
  • 抗菌薬耐性メカニズムの同定
  • 血液中のHIV等のウイルス量を測定
  • 疾患や感染に対するヒト細胞の反応を判断

 

Pioneering diagnostics